スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月3日。
2012年03月03日 (土) | 編集 |
忘れられない人がいます。

と、言っても。
LOVEな感じの話ではなくて、

恩師。

小6で出会い、中3まで私に英語を教えてくれた塾の先生。

当時30代だった先生は、強烈なリーダーシップで教室を引っ張り、
教え方は的確。面白い授業。厳しさの中に愛情があった。
あのころは私も英語得意だったのだ。(トオイメー)
全ては先生に出会えたおかげだと、今はっきりと断言できる・・・。


中学卒業後、時は流れて約15年後。
すっかり恰好だけ大人になった私は、ひょんなきっかけで先生のブログを見つける。

日々の出来事。仕事。美味しい食べ物。趣味のこと。

それだけじゃなかった。
「胃がんに罹患している」と書かれていた。

ブログを読む限りは、病気の陰などみじんも感じさせず、
精力的に活動されているご様子。
ホッとしたのか、その後しばらく見ることをやめてしまった。


年月は過ぎ、再び急に思い出すまま先生のブログを探す。

すると今度は「胃がんが再発転移した」と書かれていた。

それ以外は、変わらなかった。
忙しく仕事をし、体調を気にしながらも美味しいものを食べ、
いろいろな人と出会い、趣味に夢中だった。

病気について良く調べ、自分の状態を把握し、
納得できる治療を選択して受けていた。

何に対しても前向きで、ユーモアを忘れない。
生き生きとした姿がそこにあった。

しかし・・・
しだいに更新は途絶えがちに。
この病気というものの、深刻さをうかがわせはじめた。
最後の最後まで、生きることを諦めなかった先生。
50歳のある日、夏の夜空のお星さまになった。


ずうっと、会ってもいないのに、
どうしてか寂しくて悲しくて仕方がなかったけれど。
「私も先生のように、最後の最後、目を閉じる瞬間まで、しっかり生ききろう」って決めた。


悲しみが遠ざかりつつあった、半年ほど経つ春の日。
33歳の私は突然、「がん患者」という肩書を背負った。

先生からバトンを渡されたのだろうか?
よっしゃやったる!と妙に気合が入った。

病気について良く知ること。
納得して治療を受けること。
日々の生活を楽しむのをやめないこと。

教えてもらったことは、数え上げたらきりがない。
何年も会っていなくても、大人になっても、
ずっと私は「先生の教え子」なのだから。

「がんに左右されず、あなたの人生なんだから、あなたらしく生きなさいよ」って
今も言ってくれているように感じる。
心の中で対話する先生の姿は、あの頃のまま。


ただそこに在るがままの自分を認め、
毎日を大切に、しっかり生きようと思っているけれど、

ダメ生徒の七転八倒の日々は続く。

今にもご注意の声が飛んできそう。(昔もよく怒られた・・・)

せめていつか、あっちで会った時には
「よくがんばったね」って言ってもらいたい。
お互いを讃えあいたい。

今日という日、思い新たにす。


3月3日。丸3年。
すべてがありがたいと思うと、世界の色が鮮やかに見える。


先生の生き方が、キャンサーサバイバーシップ、そのものだったんだなぁ。


スポンサーサイト
One World プロジェクト
2011年04月25日 (月) | 編集 |
今更ですが、ワンワールドプロジェクトのご紹介です。

OneWorldプロジェクト


この度の東日本大震災で、被災されたがん患者さんたちに、医療用ウィッグ、ケア帽子、専用下着など、手に入り難いけれど必要不可欠な物資を送り、支援しようというプロジェクトです。
新聞テレビ等メディアで紹介されましたので、ご存知の方も多いことと思います。

この話を最初に聞いたとき、抗がん剤による脱毛経験がない私は、「力になれることなんて果たしてあるのだろうか?」と・・・ちょっと離れたところから俯瞰して考えを巡らせることしかできませんでした。
しかしその結果、そんな私でもお手伝いできることがあればと思い、届いた物資を仕分けするボランティアに登録させて頂きました。

今ちょうど仕事は繁忙期で、ほとんど時間をとることができず、心苦しいばかりですが・・・
先日一日だけ、しかも午前中のたった二時間のみでしたが、急遽空いた時間を使ってお手伝いをさせて頂きました。
全国からウィッグや、手作りケア帽子、まつげやまゆげが抜けてしまった方に必要な化粧品、などなど、多くの物資が届いていました。
そしてその箱を開ける度に、送ってくださった方の「こころ」を感じることができました。
お手紙や、「こんなきれいなものを、こんなすてきなものを送ってくださった!」という新しい驚き、発見、感激・・・
ただの仕分け人の私にさえ、しっかりと温かい気持ちが伝わってきました。
その思いが困っている方々にも届き、少しでも凍てついた心を溶くことができるなら、こんなに嬉しいことはありません。

この度の震災による被災地の支援は今だけで済むものではなく、その時々に応じて必要とされる形を変化させながら、絶やさず支援し続ける必要があるのではないかと個人的には考えています。
このワンワールドプロジェクトについても継続していく可能性があります。
持久戦となれば、それぞれ(個人、団体、法人、社会全体を含めて)ができる支援を負担になりすぎない範囲で続ける、ということになると思います。
東北生まれの私としては、今後の復興を温かく見守っていただきたいし、自分にもできることがあるならそれを日常に取り入れながら応援していきたいと思っています。

生き続ける限り、様々な艱難辛苦が襲い掛かってくるのですが・・・
それでも「生きているって素晴らしい!」と思えるような瞬間を、一瞬でも多く。
自分も感じていたいし、こうした応援やお手伝いを通じていつか誰かにほんの少しでも感じてもらえたら・・・
これが私のささやかなる願いです。



この感動が冷めないうちに
2010年12月05日 (日) | 編集 |
BCSC(Breast Canser Survivors' Chorus)、無事本番終了しました。

初めてこの企画を知ったのは約半年前。
キャンサーネットジャパンのBEC(乳がん体験者コーディネーター)と、
CIN(がん情報ナビゲーター)の講座を修了した方たちのプレゼンテーションイベントがあり、
BCSCの「真っ赤なチラシ」と、壇上に上った主宰のYさんを見たのが出会いでした。

参加費1万5千円・・・うーんと考えましたが、行きたい気持ちがまさっていました。
6月の手術後、手続きしていた保険金が下りると黒字になり、すかさず申し込み。

そしてあっという間に10月。練習開始。
100名・・・の予定ではありましたが、44名の仲間が集いました。
緊張しながら最初の発声練習・・・皆さんすっっごい声が出てるー!!!
楽譜を必死で追いながら、英語をつっかえながら、
1曲目の「Lean On Me」があっという間に仕上がりました。
VOJA(Voices of Japan)の皆さんの教え方の上手さもさることながら、
BCSCメンバーのモチベーションの高さに驚いた一日でした。

2週間後の2度目の練習。
2曲目の「Just Stand Up」。
先生方の模範歌唱を聴いたときの感動は忘れることができません。
なんていいうたなんだろう、って、グッと来てしまった。
このうたをみんなで分かち合えたら、っておこがましくも思ったりして。

11月に入り、3度目の練習。
曲がだんだん馴染んできて、荒削りながらもグルーヴ感が出てきました。
ツイッターつながりのお仲間さんたちとお茶したり、
練習のたびにお友達に会えるのが楽しくて。
BCSCに参加したことで、偶然再会できた友人も。
このまま練習が終わってしまうのがちょっと寂しくなってきた。

4度目の練習。
ついに教えて頂けるのはこれで最後。
最終チェックは亀渕友香さんがしてくださいました。
何気なくお話してくださる一言一言に含蓄があり、優しいお人柄が感じられました。
そして何より的確なアドバイス。
今までVOJAメンバーの皆さんに教えて頂いたことをベースに、
要所要所をしっかり締めてくださいました。
そして心を込めてうたうことの大切さを教えて頂きました。

「なぜ今このステージに立っているのか、その意味を考えなさい。
あなたたちがうたうからこそ、伝えられるメッセージがあるはず。
それは政治家やどんなに偉い人たちが言うよりも、説得力があるのよ。」

亀渕さんに魂をこめてもらい、いざステージへ!


12月3日。
たった2ヶ月でステージに立てるなんて。
あくまでメインは亀渕さんとVOJAの皆さんだから、ご迷惑にならないように・・・
慎ましい気持ちで緊張感を隠しつつ、午後会場入り。
開演前にリハーサルで2度ステージに立つ。
1度目のリハで、かなり感情が揺さぶられる。
そして2度目のリハが修了。
亀渕さんって涙もろい方なのね。
ついつられて私もウルウル。客席に戻ってポロポロ。
まだリハなのに・・・と思っても、その後も続くVOJAの皆さんの歌声が美しすぎて、
こうしてクリスマスが祝えるって、とてつもなく幸せなことだな~と・・・
色々な思いが巡り巡って涙が止まらなかった。
そしてお目目の周りのお化粧が気になってしょうがなかった。
一応本番前ですから~・・・。

そしてついに開演!
どきどき。喉が渇いて水飲んで、どきどき。
手に汗にぎって、出番がやってきた。
演出上、客席からステージに登場。
コケないか細心の注意を払って階段を下りる。
ステージに到着。
亀渕さんのご紹介を受け、頂いた大きな拍手がこそばゆい。

歌う前に、乳がん啓発タイムが10分ほどあり、その間そわそわ。
早く始まってほしいような、そうでないような、手はもうベトベト。
ステージのライトがキラキラして、客席はあまり見えない。
(というよりは、緊張するからあまり見ないように。)

演奏が始まってからは必死でした。
練習のリーダーとしてご指導頂いた、VOJAの桂さんの指揮に従い、
今まで教えてくださったとおり、笑顔で元気に心を込めてうたうこと。
感情移入しすぎると、泣いてしまって歌にならないから、少しセーブして。
みんなで一緒にうたえることの幸せをかみしめていました。
終わったあとも、大きな拍手を頂いたけれど、やっぱりこそばゆかった。

ついに退場。
またしてもコケないよう気を配りながら、途中の席にいるお友達にタッチ!
そして客席に着いてホッッ。
この時点でやっとコンサートを純粋に楽しめるようになったような。

それからはあっという間にコンサートが終了。
関係する方々にご挨拶。
涙する主宰のYさんの姿をみて、再びもらい泣きしてしまった。
ここは自分、泣くとこじゃない気が・・・。

亀渕さんたちから「ここがスタートだから」という有難いお言葉。
「もっとたくさん歌えるようになりましょう。
BCSCだけでコンサートできるようになりましょう。」
きゃーー!!なんて楽しそうで、でっかすぎる夢!!!

皆さんが集まることで成し遂げたことが、
見ているひとを励ましたり、がんでも元気にがんばってるよ!っていう
メッセージになればいいな、とささやかながら思う。
それ以前に一参加者である自分が何より楽しめたし、励まされた。
心がアツクなった。

機会を与えてくださった亀渕さん、VOJAの皆さん、スタッフの方々、
BCSC事務局の方々、練習を手伝ってくれた方々、
そして、コンサートに来てくださった方、来られないけれど応援してくださった方、
一緒に歌った参加者の皆さん・・・
せいいっぱい心をこめて感謝の気持ちを・・・

「ありがとうございました!!!」


あ~・・・うたってやっぱりいいもんだな~(しみじみ)^^



ゴスペル練習で、涙、涙!!
2010年10月21日 (木) | 編集 |
BCSC(ブレストキャンサーサバイバーズコーラス)に参加しています。
乳がん体験者が集まって、プロ(亀渕友香さんとVOJAの皆さん)と一緒にゴスペルを歌っちゃおうという、とっても楽しそうな企画です。
50名近くの仲間が集い、12月3日のコンサートに向けての練習会が始まりました。

私たちがコンサートで歌うのは2曲。
1回目の練習では"Lean On Me"という曲を。
はじめての、たった2時間のレッスンで、一曲通して歌えるまでになりました。
VOJAの方々の教え方がすごく上手、というのは言うまでもないのですが、
高いモチベーションを持った皆さんが集まったためか、
とても熱い熱い、気合の入った練習会となりました。

昨日は2回目の練習日で、"Just Stand UP!"という曲に取り掛かり始めました。
この曲はアメリカのがん啓発チャリティ"Stand Up To Cancer"から生まれた曲で、
ビヨンセ、マライア・キャリーなどの名だたるアーティスト達が歌い、
その模様が全米に放送されたのだそうです。



そしてその曲をVOJAの方が、亀渕さんの協力を仰ぎながら、歌詞を日本語に訳し、アレンジをしてくださったそうです。

この曲の練習に取り掛かる前に、VOJAの皆さんがお手本に歌ってくださいました。
すると、あちこちですすり泣き、涙・・・。
私も感極まって目頭が熱くなりました。涙はあとちょっとのところで出なかったけれど。
聴いて、歌詞読んで、楽譜見て、何しても泣きそうでやばかったです。
どうしてかというと、VOJAの皆さんの歌の表現力もさることながら、歌詞がたいへん素晴らしいのです。
ものすごく共感できるのです。

私が特に好きなフレーズは・・・

教えてさしあげたいところなのですが^^;
著作権の問題があるそうなので、内緒ということで♪
ごめんなさい^^
知りたいかたはそっと耳打ちしますのでおっしゃってくださいね(笑)
元気をもらえそうな、とっても素敵な歌詞なんです。


残り2回のレッスンで早く歌えるようになりたいし、
一人でも多くの人とこの曲を分かち合えたらいいな~って思いました。

本番のコンサートは12月3日(金)。
都営新宿線・船堀駅近くの、タワーホール船堀にて行われます。
会場のHPよりチケットも購入できます。
亀渕さん&VOJAのゴスペルコンサートでは当日、クリスマスソングなども歌われるそうですよ。

よかったら応援に来てくださいね!!





あつはなつい。
2010年09月01日 (水) | 編集 |
早いもので9月です。

しかし9月になったからといって、すぐに涼しくなる訳もなく。
すっかりこの猛暑を突き抜けた「酷暑」とやらにやられてる訳です。

去年の今頃も、術後に履くガードルが暑いとか、テープかぶれがかゆいとか、
ぶつぶつ言ってたと思うものの、今年の方がもっと辛かった。

去年も7月位から暑さにつられてホットフラッシュが頻発。
しかし、漢方でおさまっていたし、
なにしろ手術前後はゾラデックスをお休みしていたせいか楽だった。

今年は春からゾラデックスをリュープリンに変更。
リュープリンが身体に馴染んできた夏。
例によって暑さにつられてホットフラッシュ。
漢方は相変わらず飲んでいる、が。
去年と違い注射は打ち続けてるし、暑さは半端なないし、容赦なく汗が出てくる。

この汗。
私の発汗ポイントは髪の生え際付近で、特に首の後ろがひどい。
いつも髪の毛がしとしとしてるから、
いっそのこと沖縄のおばあのように、ロングでお団子にした方が楽かもって気がしてくる。

そして、暑いところにいても、エアコンが効いたところにいても、
いつ汗が吹き出てくるかわからない。
さらにいつまで経ってもおさまらない。

他の人が涼しい顔してるときに、一人で大汗かいてるのって、結構恥ずかしいー。

一番いやだなーって思ったのが、フラのレッスン中。
ちょっと油断すると床に垂れそうなくらいの滝汗。
汗をふきふきしてると練習にならないし、やっぱり恥ずかしい。

だから「サバイバーだけで集まってフラできたら楽しいかな?」とか妄想してしまう。
大汗かいてても「あの人アレ(ホルモン療法中)だししょーがない」で済まされる!?
太極拳やヨガと違ってエビデンスはないけど、有酸素運動は身体にいいに違いない。

いろいろアレやりたいコレやりたい、って希望はあるのだけど。
半端ないダルさから腰がおもーくなっている。
なにしろ先立つものもないしね・・・。
いろいろ考えるとユーウツになってくる。

そのうち涼しくなれば元気も出てくる。
それまでしばらくは、ながーい夏休み、いただきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。