スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳頭再建、その続き~アートメイク~
2011年10月14日 (金) | 編集 |
乳頭の手術をしてから1年以上が経過しました。

本手術から2年も経つと・・・なんて大変な手術をしたんだろー!!!と思います。
当時は勢いでGO!GO!って感じでしたから。
すっかり落ち着いたものです。
入院ってあまりしたくないもんだな・・・と今更。

ここ半年、仕事で大忙しでしたが、すっかり心が折れてしまい、しっぽ巻いて逃げだした私です。
辞めてすぐ、台風が来るわ、酷い風邪で寝込むわ、踏んだり蹴ったりでしたが、やっと元気を取り戻しつつある今日この頃。

先日勇気をだして某所へ電話。
ずっと懸案だった乳頭(といってもほぼ平たい「白い丸」って感じになりましたが)のアートメイクの予約をし、いそいそと出かけてみました。

お世話になっている方からご紹介頂いた、矢川和子先生の「ビューティーステーション」です。
某地方ではラジオにもご出演されてたり、有名な先生らしい?(うちの義母に聞いたら知っていた)

実際お会いしてみると、すごく気さくで優しい方でした。
今から次回行くのが楽しみ♪

で、肝心のアートメイクです。
全2回の処置で終了とのこと。

一回目ではほどんど色は落ちてしまう可能性があるそうですが、
二回目で色味を補正しながら完成となるとのことです。

わたしのいびつな様子になってしまった健側乳輪も、もしかしたら今後アートメイクで見た目キレイにできるかも?っておっしゃってました。
期待大です。

アートメイクはタトゥほど深く色を入れる訳ではないので、数年後色が徐々に薄くなっていくそうです。
何度でもやり直しはきくとのこと。

アートメイクは術側で感覚が鈍っているのも手伝ってか、痛みは殆どなく、電動カミソリとか電動歯ブラシでブイーンとこすられている感じで、処置時間は1時間程度でしょうか。
色をのせるごとにデジカメで写真を撮ってくださり、後日形成外科に持って行くための資料を作ってくださいました。
ありがたいです。

今一回目の処置から一週間ほど経ち、皮がポロポロしていますが、無理に取ったりしないよう注意を受けているので優しく扱っているところです。
来月二回目に行くのが、ほんと楽しみ。


スポンサーサイト
乳頭再建から2ヶ月
2010年08月23日 (月) | 編集 |
カテゴリ「乳頭乳輪再建」を「乳頭再建」と改めました。
乳頭しか再建してないもんねぇ。
健側の乳輪はいじったけど。

6月に手術して、7月中はほぼ毎週火曜日に通院。
様子を見てもらってました。

最初→乳頭に消毒の薬を塗り、その上からスポンジ
(乳頭の高さがつぶれないように、ファンデ用スポンジ1~2枚に穴をあけて、さらに上からもう1枚蓋をする)

という状態ですごしていましたが、

乳頭に植皮した「健側乳輪の皮膚」がうまく定着しなかったか?
それとも暑さで蒸れたせいか?(スポンジ重ね置きで通気性ゼロ)

いつまで経っても皮膚が落ち着かず、じくじくデロデロと脱皮が続いていました。

どうもその状態がやばかったらしく、雑菌に感染したのでは?という診断。
その後は、脱皮した部分を極力取り除き、スポンジではなくガーゼを当てるようにという指示。

薬も何回か変わりまして、
消毒薬A→消毒薬B→消毒薬B+皮膚再生を助ける薬
さらにテープかぶれのステロイド剤も。
使い切ってから変更になる訳ではないので、軟膏だらけ。

よく洗ってガーゼを当てるようにしてからは、だいぶ落ち着いてきました。
「傷にくっつきにくいガーゼ」というのを使ってからの回復は早かったです。
皮膚が8月くらいからくっつきはじめて、つい最近完全に定着した感じ。

8月は、先日受診して、次は10月になりました。
やっと元の通院ペースに戻りました。

形的には、乳頭は元々そんなに高さがない方なので、作った乳頭はほぼ平たい感じ。
この2ヶ月でみるみるへっこんでしまいました。
おそらくそういう見込みで作ってくれたのでしょう。
手術前に「(高さ保護の)スポンジは多分使わなくてイイ」って先生おっしゃってましたから。
色味的には、今回作った乳頭の部分だけ色が違うので、その内入れ墨の可能性はあるかも。

それから、健側ですが、乳輪の外側をドーナツ状に採皮したと思うんですけど
(デザインが手術前日の夜変更になり、鏡で確認しないまま手術したので、よくわからないが)
術後、健側乳輪が下側に楕円形に伸びてしまいました。
まぁ、しょうがないと思える範囲だからいいけど、ちょっと聞いてないよーって思いました。
(あとあと周囲の方々に聞くと、重さで伸びるとかそういうことがよくあるらしい)

健側の乳輪は滅多なことがない限り、いじらないほうがいいのかもねぇ。
なんとかならないのかしらねぇ。

しかし、乳輪を切り取ったついでに、吊り上げてもらったので、
乳輪はいまいちだけど、右胸の形は自分的にはサイコーです。
しかしこれも次第に下がってくると・・・これは先に言われてるから納得済み。

とりあえずひととおりの手術は終わったことになると思うので・・・

今後の目標は、「温泉の大浴場に行くこと」ですね。
お尻の傷が薄くなったら、チャレンジしたいなーと思ってます。

それからそろそろブラを買いたいのですが、再建後の下着選びというものが相当難しいです。
果たして合うものが見つけられるのか!?
現在某所に問い合わせをしているので、その経過も含めてまた後日報告できたらと思います。


【乳頭乳輪再建】術前検査終了2
2010年06月01日 (火) | 編集 |
前回記事の続きになります。
詳しい診察の内容を記録します。

写真撮影はなし。
胸を見てもらった後、手術方法の説明。
方法は前回の診察時とほぼ変更なしだがより具体的に。

○健側の乳輪を患側に植皮して乳輪に。
○患側臀部の皮膚が露出している部分を立ち上げて乳頭に。
○乳輪サイズ左右とも5センチを目指す。
○健側乳房が患側より現在2センチ程度下垂している。
今回患側より上になるように吊り上げる。
その後自然と下垂することで左右のバランスが取れるようになる。
○乳輪の色が左右と植皮した部分とが合わない可能性が懸念される。
手術後、後日に刺青で色あわせが必要な場合も。

○同時再建手術以降、ドナーである臀部の傷の端に突起が出ている。
これを今回直してもらうことになっているが、
先生曰く、忘れそうだと^^;
手術前日の外来で必ず言って欲しいとのこと。
(入院日はまず大学病院で午前中に外来を受け、その後入院先の病院へ行くことになっている)
○乳頭乳輪の手術方法を記した用紙のコピーも必ず持参して欲しいとのこと。

●手術時間について
決定ではないが、9時ごろ手術室へ入室。
9時30分ごろ手術開始~終了は11時前後では?とのこと。
(あくまでわたしの場合です)

●入院期間について
木曜日に入院、金曜日に手術、翌週の金曜日に退院予定となり計9日間。

●入院時に必要なものについて
 ○乳帯(ホスピタルブラロング)
 ○持っていれば弾性ストッキング
  (もっていないと、さらしで足をぐるぐる巻きにされるらしい笑)

わたしの場合は今回、傷へのテープ貼りはおそらくしなくて良いとのこと。
乳頭再建後、通常は必要となるスポンジ?
(つぶれないよう高さを守るために使うらしい)
も、元の乳頭の高さが低いため使うことはないだろうとのこと。

今回の入院先の病院はパジャマ&タオルレンタルが1日370円で利用できる。
入院当日申し込み可で、パジャマもタオルも使い放題とのこと。
普通のパジャマは黄色系のストライプ。
あんまりかわいくない(笑)。
他に甚平タイプなどもあり。

●運動制限について
入院中は皮膚が定着するまでは安静に大人しくしていてほしい。
リハビリは歩くくらいは構わないが・・・・・・
(主治医の先生自身が金曜日にしかこちらに来れない為、
何かあってもすぐ対応できないから不安なのかも。
言いつけどおり大人しくしてるしかなさそうだー。
主治医が来れない間は、ココの病院の乳腺外科の先生方たちが見回りに来てくれるので、ほったらかしというわけではないです笑)

再建に関しては、あとは入院日を待つのみ。
不安とか緊張より、入院中に何して過ごそうかとそればかりのんきに考えています。
多分ヒマヒマ星人と化していることでしょうね~。
昼間だけ自宅に帰れたらいいのになぁーなんて・・・。


【乳頭乳輪再建】術前検査終了。
2010年05月31日 (月) | 編集 |
いつも行っているのは某大学病院。
主治医は変わらないけれど、去年の6月位?から比較的軽微な再建手術(エキスパンダー挿入や修正等)のための入院は、別の病院ですることに。
私も今度の入院はそちらですることになる。
正直言うと入院するなら大学病院の方が断然いいけど、そういう訳にはいかないのだー。

手術まで一ヶ月を切ったある日、入院先の病院で術前検査と主治医の診察を受けてきた。

病院には予約の1時間30分程前に到着。
検査の時間を見込んで早めに行き、予約時間がちょうど来る頃に診察を受けられるといいなという魂胆です。

総合受付で初診の受付。

渡された書類を持って外来受付へ。
「今日は形成外科の初診です。術前検査があるので診察の前に行きたいのですが。」

看護士さんより2階で検査を受けてくるように指示。

2階で検査受付を済ませる。
①尿検査
②血液検査
③心電図
④呼吸器検査(肺活量)
⑤胸部・腹部レントゲン
ひととおり回って、およそ45分程度。

1階外来戻り。
15分後位にちょうど予約の時間が来て、診察に呼ばれる。
診察時間は2~30分。
私が質問したいがために粘ったので、長かったかも^^;

会計

入退院窓口
入院申し込み
個室希望があればこの時に。
ただし個室数が少ないため運とタイミング次第だと言われる。

もう一度外来へ。
看護士さんより詳しい入院の説明。

主治医の診察に呼ばれてから、最後の看護士さんの説明を受けるまでおよそ1時間。
早めに行って、なおかつ終わりの時間にも余裕が必要なようだ。

●高額療養費について
今回の入院・手術は健康保険が使える。
限度額適用認定証を持参の場合は、入院当日、手続き時に提出とのこと。

●生命保険等の証明書類について
病院指定の申請用紙を添えて提出。
入院窓口と、外来の看護士さんとの説明が異なっていたので、両方記しておく。

○入院窓口
「入院期間は退院してからでないと記入できないので、退院日に外来窓口に提出されるといいですよ」

○外来の看護士さん
「形成外科は金曜日にS先生、月曜日にK先生、週二回しか先生がいらっしゃらず、その時にまとめて書類を書く為時間がかかってしまいます。なるべく早めに入院時に病棟で提出してください」

通常なら入院窓口の説明通りで良いのでしょう。
形成外科は他科とは事情が異なるため、注意が必要なようです。


(詳しい診察内容は次回へつづきます)


受診レポ・再建「術式仮案」
2010年04月21日 (水) | 編集 |
再建の受診は前回が2月。
次回は5月に入院先の病院で診察を受ける予定でした。

が、どうしてもその前に不安を解消しておきたくて、漢方外来に合わせて予約を入れてもらい受診してきました。
入院先のN病院の外来で、いつものS先生に会えるのかどうかがちょっと心配だったんですよね。
(結局は金曜日のN病院の外来の担当はS先生だったので、大丈夫でした)

~~6月の乳頭乳輪再建手術に関するQ&A~~

Q:ドナー部のお尻にある傷の端にある突起(傷の縫合による皮膚のあまり?)はどうするのか?
A:手術の時なんとかする。
(どうやってなんとかするのかは不明。先生におまかせ。)

Q:傷はどこにできるのか?
A:左右の乳輪の部分。
(詳しくは写真を参照)

Q:術側の乳輪を切除したところにあてがっているお尻の皮膚からは毛が生えているw
その皮膚を利用して乳頭を作成すると言っていたが、そこからも毛は生えてくるのか?
A:お尻の皮膚の部分を裏返して乳頭を作る予定なので、大丈夫。毛は生えてこない。
(詳しくは写真を参照)

Q:N病院での術前検査の前はごはん食べていいの?
A:全然大丈夫。

Q:入院は一週間と聞いているが?
A:木曜に入院して、だいたい次週の金曜に退院する人が多い。まあゆっくりしてってよ。

「手術方法はそこに書いておいてあげるからね」
「???」

一通り写真を撮り質問をし終えて、カーテンの中で服を着ている間、
「もしかして先生、私のノートに書いてたりして・・・?」と不安がよぎる。
だってノートには「毛は生えてくるのか?」とか質問が一通り書いてあるんですよ。
いくらなんでもちょっと恥ずかしいじゃないですか。

カーテンを開けると、不安は的中。
先生が私の治療ノートに分かりやすい絵を描いてくれていました。
ま、先生は細かいことなんて忘れちゃうだろうからノート見られてもいいや~、と思うことに。

で書いてくれたのがコレです。
moblog_d90334a7.jpg
クリックで大きくなります。写真が暗くてスミマセン。

術側のお尻の皮膚を立ち上げて乳頭を作り、それによって足りなくなった皮膚は健側の乳輪を採皮して補う。
健側は乳輪が小さくなり、傷を縫い縮めると自然と吊り上る。
それによって右と左で2センチ前後ずれている位置が合うようになる。

「難しいけど・・・」と言ってました。
先生にはいつも面倒なことをやってもらってしまってばかりで、頭が下がります。
多謝。

ちなみにこの手術方法。
「今の思いつきで言っててまた変わるかもしれないから、次の時ノート持ってきて見せてね♪」
カルテに書かなくていいのかなぁ?って思ったけど、
よくよく考えたら次回の診察はN病院なんですよね。

5月:N病院の診察&術前検査&入院申し込みを済ませる。
6月:入院当日は午前中にいつものC病院、木曜の外来でS先生によるデザイン、
その足でN病院へ向かい入院。
金曜日に手術。
次の週の金曜日(予定)に退院。

いよいよな割には実感もないし、何も考えてない・・・。
何か用意しといた方がいいものってあるのかな?
おいおい調べてゆこう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。