スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若年層のマンモ検診について
2010年08月13日 (金) | 編集 |
MMG1.jpg


【出典】
●35~39歳のデータについて
2010年5月米国国立がん研究所発行の医学誌JNCIに掲載された、若年層のマンモグラフィ検診に関する最新の報告
http://jnci.oxfordjournals.org/cgi/content/abstract/102/10/692
http://jnci.oxfordjournals.org/cgi/content/full/102/10/NP-a

(1995~2005年にかけて、初めて検診目的或いは診断目的でマンモグラフィを撮影した18~39歳の女性117,738人について、米国内6つのマンモグラフィ登録のデータを集積し、撮影後1年間追跡調査したもの。)

●40~69歳のデータについて
2009年11月USPSTF推奨変更に関する論文
http://www.ahrq.gov/clinic/uspstf09/breastcancer/brcanup.htm

以上、8月12日のツイッターにおけるKMaCS_55さんのつぶやき(http://twitter.com/KMaCS_55)を元に、kico110(あたくし)がグラフ化。
(勝手ながらつぶやきをまとめさせていただきました。ご参照ください→http://togetter.com/li/41754) 
グラフ画像のアップロードについてはtofu_50さんにご指南頂きました。
カルテポストさんにも快く協力をおっしゃって頂いて・・・
この場を借りて御礼を・・・みなさま有難うございます!!

そしてなんのひねりもない、つたなすぎるただの棒グラフで本当に申し訳ないです!!



【グラフの見方】
それぞれの年代の女性が1万人ずつ、MMG検診を受けた時
・・・・・・
●「要精検」:精密検査が必要と言われた人の人数
●「がんと診断」:精検後、実際がんが見つかった人の人数
●「偽陽性」:精検後、がんでないことがわかった(陽性と誤判定された)人の人数
●「がんを見逃し」:MMGをしても、がんを見逃されてしまった人の人数

○偽陽性の人数に注目!
「偽陽性」とはMMG検診を受け、要精検と言われ、その後がんでないことがわかった人。
(意外と多いなーって思いませんか??)
検査結果を待つ間、がんではないかと精神的不安を抱いたり、生検などを受けることで身体的負担を負う可能性がある。
35~39歳の偽陽性の人数が特に際立って多く、このグラフでは年齢が高いほど減少している。

ちなみに。
検診が行われる際には、あらかじめ偽陽性の可能性があることを受診者に説明する必要があり(MMGの結果が陽性だからといって、必ずしもがんと診断される訳ではないと言ってあげること)、そのことで結果を待つ間の精神的苦痛を減らすことができるのではないか、と言われているとか。
しかし実際行われているかどうか・・・・・・んーどうなんでしょう?

***ご注意***
あくまでこのグラフは米国での調査に基づくため、罹患者の数など日本とは異なるそうです。


そもそもがん検診の目的とは・・・
「がんによる死亡率を下げること」であって、たくさん見つけることではありません。
検診による利益(死亡率低下)と不利益(偽陽性や過剰診断などの問題)を天秤にかけたときに、不利益が勝ってしまうのならば、それは有効な検診とは言えないのであります。
この有効性はこのグラフでもなんとなくわかるように、年代によって違います。
検診を受けるべき年代や受診間隔は、科学的根拠に基づいて定められているのです。

つまり、若年者のMMG検診は、利益より不利益が多いとされ、
検診対象となる年代のMMG検診は、不利益より利益が上回るということです。
だから「偽陽性」が多いからといって、検診を受診しないのではなく、
適切な年齢に、適切な間隔で、乳がん検診を受けましょう~~!!

そして検診対象でない年代の方はどうすればいいのか、というと・・・
自分の体に興味を持ち、不調があればすぐに病院へ受診すること。

どの年代にも共通しているのは
検診の結果に関わらず、不調があればすぐに病院にかかれる心構えをしておくこと。

検診の精度はどんなに頑張っても100%にはならないし、
(基準をゆるくして見つけすぎても、基準をきつくして見つけなさすぎても、どちらもいけない)
もしがんが発生してしまっても、その進行は人それぞれゆっくりだったり早かったりするので、
いざという時に受診できる心構えをしておくこと、コレ、すごーく大事です。

【詳しくお知りになりたい方は】
TBS「余命1ヶ月の花嫁・乳がん検診キャラバン」の内容見直しを求める要望書提出について
http://www.cancernet.jp/kenshin/index.html

目がしばしばしちゃうかもしれないけど、
「添付資料:要望の根拠について」という箇所がとてもわかりやすいので、読んでみてくださーい。


ここまで読んで頂いて・・・何か問題はありませんでしたでしょうか??
何かありましたら遠慮なくご指摘ください。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m



スポンサーサイト
ザ・ゴールデンアワー
2010年08月07日 (土) | 編集 |
東京MXテレビで放送の「ザ・ゴールデンアワー」に、
「がんのひみつ」などの著作で有名な中川恵一先生がご出演されました。

日本のがん医療について、緩和ケアなどについてお話されました。
そして外国人コメンテーターからは各国のがん医療についてや死生観などについてが語られました。
ご飯つくりながらだったので真剣には見れませんでしたが、各国との違いが興味深かったです。

今回の放送は「亡くなる」ということが話の中心にあるため、
ツイッターでそのまま流すには気がとがめたのでブログに書くことにしました。

抵抗のない方はよかったら読んでみてくださいね。


[READ MORE...]
第5回乳房再建講演会 in 山梨~part1~
2010年08月02日 (月) | 編集 |
7月3日に山梨県・大月市民会館にて行われた講演会の記録です。

例によってかいつまんで印象に残った部分をご紹介します。


「乳がん治療のいま~手術とお薬のお話~」津川浩一郎先生


がん治療の原則 とは
"Biology is king, Indication is queen." Blake Cady
biology:病理、indication:適応(治療を決める)
(・・・意訳すると病理も大事、適応によって治療を決めることも大事って感じ?英語自信なし!)

乳がんの進み方は人それぞれ
サブタイプによって大きく分類される

聖路加病院では昨年一年間のうち76.3%がER(+)HER2(-)だった

抗がん剤はもともと天然物より成分を抽出・分離してできたもの
細胞分裂を阻害する作用がある
無秩序・無限・早い増殖に効きやすい

タキソテールの由来→インディアンの矢につけた毒
アドリアマイシンの由来→珊瑚礁

現在は集学的治療によって乳がんの摘出手術は縮小手術へ移行している
温存率は現在60~70%

ステージによって局所療法と全身療法の比重が変わる
(ステージが低いと局所療法がメインで、ステージが高くなるにつれ全身療法の比重が増していき局所療法の比重は下がる)
*局所療法とは手術、放射線治療、全身療法とは薬物治療のことを主に指す

センチネルリンパ節生検は今年4月より保険適用された
センチネルリンパ節生検を受けた内、70~80%程度がリンパ節の郭清を免れた


○遺伝性乳がん、家族性乳がんについて

●家族性乳がん(卵巣がん)とは
→近親で2人以上の乳がん、卵巣がんの家族歴がある
 全体の15~20%

●遺伝性乳がん(卵巣がん)とは
→家族性の内、BRCA1/2遺伝子に変異があると認められた人
 全体の5~10%

BRCA1/2 変異検出率(*家族性の内の検出率?)
日本 135人中36人 26.7%
米国 2865人中590人 20.6%

BRCA遺伝子に変異があった人の発症リスク
50歳までに発症 50~33%
70歳までに発症 87~56%
(このあたりデータの書き写しに自信なし。ゴメンナサイ)

乳がん、卵巣がんの家族歴がある人に勧められる検診
●自己触診 18歳~ 月1回
●視触診  25歳~ 年1回
●マンモ  25歳~ 年1回
●MRI  25歳~ 状況によって組み合わせる

●海外で行われている予防策としては
タモキシフェンの服用で 49%リスク減
予防的乳房切除で 90%リスク減

○BRCA遺伝子検査
複数ある検査の内「フルシークエンス」というものを受けると現在38万円かかる

遺伝情報でかかりやすい病気が判明することにより、差別が生まれるという問題がある
日本ではその対策はまだ未整備である

そのため
カウンセリングが受けられ、情報が確実に守られるシステムを持つ病院で遺伝子検査を受けることがのぞましい
「遺伝外来カウンセリング」がメンタル面においても、社会的差別の面においても、遺伝子検査を受ける上では必要である


【患者中心のチーム医療について】

標準治療の実施

患者さんのニーズ

新しい治療の開発

臨床試験

患者さんの満足度上昇

新しい治療

標準治療の実施

・・・・・・・

患者さんが満足できる新しい医療のために必要なのは
患者さん自身が質問したり、積極的に医療に参加することである




津川先生のお人柄がわかるような、誠実で丁寧でとてもわかりやすいご講演でした。
特に家族性乳がんと遺伝性乳がんの違いについてのお話がとても興味深かったです。

家族に乳がん・卵巣がんの罹患者がいるので、自分がそうならないか・・・
もしくは自分が乳がん・卵巣がんであるため、家族がそうならないか・・・
とても心配になる点ですが、このデータを見ると家族歴があったからと言って、必ずしも遺伝的に罹患する訳ではないということがわかります。

家族歴のあるなしに関わらず、誰にとっても共通することだと思いますが、
心配だからと言って、気にしすぎて検査ばかりを受けたり、逆に気にしたくなくて自分の体について無関心になってしまったり、そういったことは避けたいものです。

○その人の年齢、状況に見合ったかたちで、必要な検診があれば定期的に受ける。
○もしも体に異常を感じたときは、後回しにしたり臆することなく適切な医療機関への受診をする。
○そして万が一治療を受けなくてはいけなくなったとしたら、受動的な受診ではなく、医療従事者との積極的なコミュニケーションをはかる。そのことは自分が納得して治療を受けられるだけでなく、医療の進歩の為に役立つ可能性を持っている。

そういったことが大事になってくるのだろうか・・・などと考えながらまとめてみました。
間違っている点がありましたら、ご指摘頂けると嬉しいです。


CNJがん医療セミナー「代替医療に関する特別講演」(6/27)~続き~
2010年07月07日 (水) | 編集 |
「もっと知ってほしい代替医療の科学的根拠のこと」
パネルディスカッション

司会 鳥集徹さん
パネリスト 上野直人先生、大野智先生、岩瀬哲先生

実際の模様はCNJがん情報ビデオライブラリーをご覧ください


☆印象的だったお話・まとめ☆
(ノートに書いたことをまとめているので多少話が前後したり、言葉の使い方が異なったりする場合があることをご了承ください。もし、問題のある箇所があれば訂正や削除致しますので、ご指摘くださいませ。)


●実際患者さんと接する中で、代替療法について

○上野先生
得られた情報は医療者と患者の間で必ず共有することが前提である

○岩瀬先生
患者さんからの代替療法に関する相談は絶えないし、減っていない

○大野先生
利用される代替療法の種類には流行り廃りがあるのを感じる
流行は宣伝の影響によるもので、科学的根拠によるものではない
情報源は口コミやインターネット


●危険性を減らすためには

○大野先生
医療者と患者さんの間での合意点や妥協点を見極める必要がある
あくまで完治する可能性を減らしてはならない

○上野先生
不確定要素があるということはリスクがある可能性があること。なので安全性から勧めることはできない

○岩瀬先生
経過観察や治療の選択肢がなくなってしまった患者さんに対しては、家族も含めてコミュニケーションを取る必要がある


●現状を変えるには

○上野先生

☆EBMのステップ
患者さんのニーズに応える
EBMは個別化医療の究極のスタイルである(EBMと個別化医療は対峙するものではない)

大学病院では理想の医療モデルを示すべきである
本来のEBMの温かさを実践

研究も臨床もできる医師こそが教授になるべき
もしEBMに反する医師がいるならば、患者は理想とする医療を、また、医療者の質を見極め、もっと質の高い教授を選ぶよう、自ら主張して迫らなくてはならない
アメリカでも40年かけて医療が変わることができた


●代替医療とうまくつきあうには

○岩瀬先生
進化論の見方から考えると、古来から集団生活を送ってきたヒトは「人のために何かしたい」とか「身近な人の勧めに従いたい」という本能があるのではないだろうか?

それゆえ、がんで死と直面した時に家族や身近な人から「代替療法○○が良いよ」と勧めがあると、それを良いと思い従ってしまう

勧める方も「人のために何かしたい」からと言って、本能のままに何かを勧めて安全を脅かしてはいけない
理性をもって本能をコントロールし、安全を守らなくてはならない

○上野先生
患者とは誰か?
本人に他ならないし、人生を他の人に左右されたくはない

患者というだけで弱者であるのに、押し付けの親切心が脅しや恐怖を与えることは、倫理的にコミュニケーションの重大な問題がある

自己満足な勧めではなく、本人の立場ならどう受け取るかを見極めることが大切
それこそが良い医療につながり、コミュニケーションの原点である

☆代替医療を既にしている人に対しては
アドバイスを与えるのではなく、その人の話、考え、意見をよく聞き、コミュニケーションに特化する
その人に対してできるのは「説得」ではなく「情報提供」
画像上がんが大きくなっているとか、倦怠感が増しているとか、事実を確認しあう

○大野先生
☆「説得より納得」
説得してもうまくいかない
相手の価値観を聞いてコミュニケーションを取る
納得してもらえることを到達点に置く


~~あくまで個人的な感想~~

特に印象に残ったのは、大野先生の「説得より納得」ということば。
コミュニケーションの重要性。
岩瀬先生の進化論のお話もとても興味深かった。
それから上野先生が「ダメな医師は皆さんがよく分かっているはずだ。患者はもっと質の高い医療を、EBMを実践できていない医師にこそ迫るべき」という内容のことばを何度も仰っていたことにドキリとした。
患者自身が主体的でなくてはと改めて実感した。

終了後、上野先生のご著書を持参していた私は、図々しくも先生よりサインを頂戴しました。
(図々しい割にはめっちゃ緊張してしまいました・・・)
キャンサーギフトとして、ずっと大切にしたいと思います。
がんになったことは決して良いことではありませんが、自分ががんにならなければ、先生方と出会うこともなかったことでしょう。
ご縁とはかくも不思議なものか・・・と感じる今日この頃です。

サインの御礼を兼ねて宣伝(笑)
ぜひ一家に一冊どうぞ♪

最高の医療をうけるための患者学 (講談社+α新書)最高の医療をうけるための患者学 (講談社+α新書)
(2006/07/21)
上野 直人

商品詳細を見る




CNJがん医療セミナー「代替医療に関する特別講演」(6/27)
2010年06月30日 (水) | 編集 |
6月27日(日)に東京大学弥生講堂一条ホールというところで行われた、
「CNJがん医療セミナー BEC/CIN認定者活動報告&代替医療に関する特別講演」
に参加しました。

詳しい内容はCNJのがん情報ビデオライブラリーを是非ご覧ください。

ここでは私が個人的に印象的だった部分を、ご紹介できたらと思います。


特別講演「もっと知ってほしい代替医療の科学的根拠のこと」大野智先生

補完代替医療(CAM)とは:西洋医学を補完したり、代替する、補助的な医療とされるもの。民間療法や健康食品など。(漢方薬は日本では保険診療として認められているものもあるが、米国の法律では医薬品としてではなく「ハーブ、食品」に分類されているためCAMに含まれる。)

わが国での「がんの補完代替医療」利用率は 44.6%
(他国での調査では40~60%の利用率)

そのうち、「健康食品・サプリメント」を使用している人の割合が 99.6%
(他、気功、灸、鍼がそれぞれ3%台)

補完代替医療に費やした平均額 月57,000円(年間684,000円)

がん体験者が300万人いると推定して、その内45%がCAMを利用していると仮定すると
利用者数は 135万人(推測)
平均費用から換算するとCAMの市場規模は 770億/月、9230億/年

しかし利用している人の内、
CAMが「効いた」と答えた人は、22%
「わからない」と答えた人が最も多く、70%

副作用があったと答えた人が、5%
(吐き気、下痢、便秘、皮疹、中には肝機能障害など深刻なものも)

補完代替医療を利用するに当たって、
十分な情報は得られたか? 「得られなかった」 57.3%
医師などから問診があったか? 「なし」 84.5%
医師に相談したか? 「しなかった」 60.7%

利用するきっかけとして、「家族の勧めや期待」というのが大きな要因となっている。
患者・家族・医療者との間で適切な情報提供や、コミュニケーションがなされることが今後の課題である。
(医療者がCAMについて知らなさ過ぎることも問題である)

一方インターネットなどにおいては、このような補完代替医療に関する情報や宣伝が氾濫している。
玉石混淆の中から正確で信頼できる情報を読み取るには「情報リテラシー」が必要となる。
●「がんに効く、予防する」→薬事法違反
●「診断されたがんが消えた」→本当に消えたのか?病理診断は?他の治療は本当にしていないのか?
●「医学博士○○の推薦」→医学部を卒業していれば医師でなくても医学博士を名乗れる
●「動物実験で有効性を確認」→ヒトの治療薬として有効である可能性がある段階にすぎない

補完代替医療とは現時点においては
「科学的根拠に乏しく、効果があるのかないのかわからないものである」

科学的根拠とは臨床試験によって作られる。
「本当に効くのか」「何に効くのか」「長期間安全か」「相互作用は(*)」・・・
臨床試験によって明らかとなる。
しかし、補完代替医療においては行われている臨床試験が極めて少なく、すなわち科学的根拠が少ないと言える。

(*)相互作用とは、同時に併用した医薬品の効果を強めたり弱めたりしてしまい、本来期待された医薬品の効果が見込めなくなるため問題とされる。例えばハーブのセント・ジョーンズワートが抗がん剤イリノテカンと併用することで抗がん作用を弱めてしまう、など。

利用する際には
○あくまで「サポート」として用いる(補完代替医療のみ、というのは危険である)
○EBMを確認する(科学的根拠、副作用の報告など)
○費用が見合っているか考える
○相互作用、健康被害に注意する

心構えとしては
○二分割思考の危険性
二分割思考とは、物事を白黒はっきりつけたがり、グレーなものに不安を覚えること。
断定的意見に従うと安心する傾向がある。
「世の中まだわからないことだらけ」と認識することが大切。
効果、リスクは「ある/なし」ではなく「何%か」によって判断する。

○認知的不協和
これだけ費用をかけたのだから、続けているのだからなどの理由で「効いているはずだ」と都合よく解釈し、疑うことをやめて続けてしまう。

○安全と安心の違い
「安全」とは科学的評価によって作られる「有効性」
「安心」とは人それぞれの価値観によって作られる「期待感」
この違いを認識し、科学に基づく「安全」によってはじめて「安心」が形作られ、更にコミュニケーションによる「信頼」によってより確かなものとなる。


【あらためて結論】
あくまで「補完代替医療」はまだよくわからないものである。
わからない以上勧めることも否定することもできないが、利用する際にはじゅうぶん検討することが必要で、自分に不利益などが生じた時には、速やかにやめる勇気を持つことも大事である。
情報を吟味したり、医療者とコミュニケーションをとることが、安全に利用するための必須事項である。


短くまとめるつもりが長くなってしまった・・・。
なのでパネルディスカッションはまた後日。

資料として頂いた「がんの補完代替医療ガイドブック(第2版)」がとても参考になります。
見てみたい方は、こちらからダウンロードもできますよ。

金沢大学ホームページ
http://web.kanazawa-u.ac.jp/~med67/guide/index.html

四国がんセンターホームページ
http://www.shikoku-cc.go.jp/kranke/cam/index.html






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。