スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「乳がんを美しく治す」
2009年09月21日 (月) | 編集 |

第4回乳がん体験者生涯教育講座 「乳がんを美しく治す」 に参加しました。


乳がんをしっかり治し局所再発を防ぐ治療と、全摘手術や温存手術での乳房の変形に対応し失われた胸を取り戻す再建との両立。これをテーマに8人の形成外科や乳腺外科の先生方が壇上でお話されました。


会場は満員で開催一ヶ月前には申込みがいっぱいになってしまったそうです。

乳がんの患者さんが年々増加している現在、再建の話を一度に様々な先生から聞けることに対しての熱い期待を感じました。


再建という方法をとることは乳がん患者さん全体からすれば少数派です。

情報も不足している中で、先生方がそれぞれどのような再建方法に取り組んでいるのかを話し合われた今回の機会はとても貴重で大きな意味を持つと思います。


ただひとつ気になったことは 「本当に情報が欲しい人のところにちゃんと届いているのだろうか」 ということです。


たとえば告知を受けたばかりならば、このような講演会の情報に辿りつけることさえできないのではないかと思います。

講演会をすることを知った人も、すぐに定員が埋まってしまえば聞くこともできません。


私は自分の再建方法をよく知りたいという興味でこういった講演に参加していますが、本手術を終えている立場で貴重な情報を受けているということは、ここに来れなかった方へと伝える義務を負っているのかな、とも思います。


この貴重な会に参加できたそれぞれの方々から、さざなみのように情報がゆきわたり、乳房再建が誠実になされることが一般的となる日の到来を願ってやみません。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。