FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【乳頭乳輪再建】術前検査終了2
2010年06月01日 (火) | 編集 |
前回記事の続きになります。
詳しい診察の内容を記録します。

写真撮影はなし。
胸を見てもらった後、手術方法の説明。
方法は前回の診察時とほぼ変更なしだがより具体的に。

○健側の乳輪を患側に植皮して乳輪に。
○患側臀部の皮膚が露出している部分を立ち上げて乳頭に。
○乳輪サイズ左右とも5センチを目指す。
○健側乳房が患側より現在2センチ程度下垂している。
今回患側より上になるように吊り上げる。
その後自然と下垂することで左右のバランスが取れるようになる。
○乳輪の色が左右と植皮した部分とが合わない可能性が懸念される。
手術後、後日に刺青で色あわせが必要な場合も。

○同時再建手術以降、ドナーである臀部の傷の端に突起が出ている。
これを今回直してもらうことになっているが、
先生曰く、忘れそうだと^^;
手術前日の外来で必ず言って欲しいとのこと。
(入院日はまず大学病院で午前中に外来を受け、その後入院先の病院へ行くことになっている)
○乳頭乳輪の手術方法を記した用紙のコピーも必ず持参して欲しいとのこと。

●手術時間について
決定ではないが、9時ごろ手術室へ入室。
9時30分ごろ手術開始~終了は11時前後では?とのこと。
(あくまでわたしの場合です)

●入院期間について
木曜日に入院、金曜日に手術、翌週の金曜日に退院予定となり計9日間。

●入院時に必要なものについて
 ○乳帯(ホスピタルブラロング)
 ○持っていれば弾性ストッキング
  (もっていないと、さらしで足をぐるぐる巻きにされるらしい笑)

わたしの場合は今回、傷へのテープ貼りはおそらくしなくて良いとのこと。
乳頭再建後、通常は必要となるスポンジ?
(つぶれないよう高さを守るために使うらしい)
も、元の乳頭の高さが低いため使うことはないだろうとのこと。

今回の入院先の病院はパジャマ&タオルレンタルが1日370円で利用できる。
入院当日申し込み可で、パジャマもタオルも使い放題とのこと。
普通のパジャマは黄色系のストライプ。
あんまりかわいくない(笑)。
他に甚平タイプなどもあり。

●運動制限について
入院中は皮膚が定着するまでは安静に大人しくしていてほしい。
リハビリは歩くくらいは構わないが・・・・・・
(主治医の先生自身が金曜日にしかこちらに来れない為、
何かあってもすぐ対応できないから不安なのかも。
言いつけどおり大人しくしてるしかなさそうだー。
主治医が来れない間は、ココの病院の乳腺外科の先生方たちが見回りに来てくれるので、ほったらかしというわけではないです笑)

再建に関しては、あとは入院日を待つのみ。
不安とか緊張より、入院中に何して過ごそうかとそればかりのんきに考えています。
多分ヒマヒマ星人と化していることでしょうね~。
昼間だけ自宅に帰れたらいいのになぁーなんて・・・。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。