スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(11) 自家組織で再建決定
2010年06月02日 (水) | 編集 |
昨年の手術へ向かっていた日々の回顧録です。

2009年5月

乳腺外科の診察で手術方法が「皮下乳腺全摘」と決定した。
その2日後、再建外科の診察でした。

先生「手術どうするか決めた~?」
私「・・・すでに先生に決められてました^^;」

(ちょっとおさらい)
全摘か温存か5月までによく考えて決めましょうという話になってました。
5月の乳腺の外来で「全摘でお願いしますっっ!」と勢いよく宣言する気満々で診察室へ向かうと、先生から「皮下乳腺全摘ということで決定しました」と先に言われてしまったのです。
自分の意思に何ら反しない決定だった訳ですが、まだそのフェイントの衝撃から立ち直れていなかった^^;

「皮下乳腺全摘で、乳頭乳輪は取る」
乳腺での決定事項を再建の先生に伝えて、今度は再建方法の決定をしなくてはいけません。

(またもやおさらい)
前回の外来で提案された再建方法以下の通り。

●温存だったら
自家組織(主に背中の脂肪)で再建
乳頭乳輪は手術後落ち着いてから再手術

●全摘だったら
 ○自家組織(両側臀部)
 ○人工物(EXP挿入→シリコン入換→出産後落ち着いてから自家組織・お腹の脂肪に入れ替えることも可能)

今回全摘することに決定した。では中に何を入れるのか・・・

【~ココからの記述は私の当時の価値観に基づいています~】

人工物の場合、被膜拘縮の心配や、今後のメンテナンスについての不安を感じていた。
シリコンは一生持つという保障が今のところないから、今後入れ替える可能性がある。
将来シリコンをお腹の脂肪に入れ替えるとして、その時本当にS先生にお願いできるのか?
また、その時の自分に手術を受ける余裕はあるだろうか?と先が見えないことへの不安もあった。

せっかくS先生の手術を受けられるのに「シリコン」という選択肢はないのでは?
胸が下垂しているのに、片方ばかりプリッとしたアンバランスな胸になるのはどうなんだろう?
かといって健側を豊胸するのはちょっと抵抗が・・・。

身体の一部なのだから、「一生もの」として大事にしたい。
私の希望を叶えるのは「自家組織」かもしれない。

もちろんシリコンと違い、自家組織はドナーが必要だから、お尻にながーい傷が残る。
手術だって大掛かりだし(先生がとっても大変だし)、不安、全くないわけじゃない。

でも本来片方の胸がなくなってしまうところだった。
再建していただけるという事実。
それだけで、ものすごくありがたい!!!と思えた。
その有難さに比べたら、多少の不便や不満なんて、どーでもよくなってしまうだろう。

先生には大変な手術になりそうと言われていたから心苦しかったけれど、
自分の希望は「自家組織」と伝えて、ついに手術への道筋がはっきりと見えてきた。

5月末に術前検査を受けることになった。
6月の2~3週目が手術予定日で、遅くとも6月中には出来るだろうとの話。

日程が具体的になったことで緊張感が増してきた。

猶予期間は約一ヶ月。
入院グッズ集めなくちゃーとか、
たくさん運動して血流よくしなくっちゃーとか、
(細い血管を吻合するため、運動してくださいと入院のしおりにも書いてある)
忙しくなりそうな予感に心はワクワク。

「がんの手術を受ける」という不安より
「新しいおっぱいを作ってもらえる」という嬉しい期待が上回っていた。
これがわたしの大きな支えになっていたんだな。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。