スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術から一年経って。
2010年06月12日 (土) | 編集 |
先日、めでたく手術から丸一年の記念日を迎えることができました。
これもひとえに、命をつなぎとめてくださった先生方、医療従事者のみなさん、
それからいつも支えてくれる家族や、友人、みなさんのおかげだと思っています。
毎日を大切に生きようと、改めて身の引き締まる思いでいます。
年々記憶は薄れ行くかもしれないけれど、この日くらいはちゃんと思い出したい。

一年目の検査は「超音波検査」。
マンモとか、血液検査とか、CTとかMRIとか、
やらないので不安が全く無かったと言えば嘘になる。
元々画像上映りづらいがんで、去年の診断時にもマンモへ映らなかった。
なので通常はマンモのところを「超音波」。
ガイドラインによると、その他の検査については必要を感じた時に適宜行うべし、とのこと。

潔すぎて、かえって心配になるくらいガイドラインに沿っている。
腫瘍マーカーも今まで一度も測ってもらったことがない。
これもガイドラインに「(初発の乳がん後の)再発チェックには役立たない」と書いてあった。

ないないづくしも不安だけど、ちゃんと裏づけがあってのことのようだ。
もちろん、必要性の基準も人それぞれ違う。
私の場合は「超音波検査だけだった」という話。
「不安を感じるから、調べつくしてもらった方が楽」とか、
それぞれの価値観によってもまた変わってくるのだと思う。

私は「超音波だけだよ」と以前より医師から言われていて、
不安だから自分でまず裏づけを取った。
そしてその裏づけに納得できたから従った。
そうでなければ医師に相談するか、何か他の検査を付け加えていたかも。

今一年たってみると、
「ある程度はその時代に流されてみた方が気が楽かも」
と思うようになった。

治療に関する新しい情報がどんどん入ってくるが、
全てが実用化レベルの段階とは限らない。
有用なものも高額だったりして採用できないことがある。
今現時点でできることを、しっかりやることこそが自分にとって大事だなと、
半分諦めにも似た気持ち。
こだわりだしたらきりがないし、自分はあくまで患者で、研究者ではない。
情報に振り回されず俯瞰して見ていた方が気が楽かも、という価値観。
(もちろん正しいことは柔軟に取り入れたいが)
これも人それぞれ。

とりあえず一年経って、無事であるとお墨付きをいただけた。
結果によってはきっと考え方もかわるかもしれない。
先のことは正直わからない。
でもひとつだけ変わらないものは、
「みんなで素敵に年を重ねていきたい」という気持ち。
何があっても前向きで楽しくね♪


コメント
この記事へのコメント
わたしももうすぐ、1年になります。
こうして1年目を迎えることができるのは、
うれしいことですね。

こうして、つつがない毎日が積み重なっていきますように。
2010/06/14(月) 12:00:10 | URL | breast-storoke #-[ 編集]
Re: breast-storokeさん
ありがとうございます。
breast-storokeさんもそろそろ1年ですか。
節目を迎えられるのは、とても嬉しいですよねー。
色々あっても、またがんばろうって思えます。
お互い無理せず、これからもやっていきましょう^^
2010/06/15(火) 09:48:28 | URL | kico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。