スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(20) 術後7日目~退院
2010年06月13日 (日) | 編集 |
2009年6月

●術後7日目(水曜日)

朝再建チーム回診。
臀部のドレーン一本も抜けず。
とりあえず急がないしドレーンがちゃんと出切ってから退院させて、と頼む。

口腔外科受診。
顎の痛みは顎関節症ではない、と言われ様子を見ることに。
痛みは徐々に治まり、結局この後口腔外科のお世話になることはなかった。

退院後のブラはどんなものを着けたらよいのだろう?と先生や看護師さんに相談。
ドリームブラを試着させてもらった。
この時は意外といい感じと思ったのだが・・・・・。
7月のKEA工房リンパ浮腫セミナーを申し込んだので、その時また試着させてもらうことにした。
(結局傷と縫い目がバッティングしていて身体に合わなかったので買わなかった)

血流チェックも朝の一回のみとなる。
病棟をウロウロ歩き回る。
ドレーンが抜けてない以外は完全に元気。

●術後8日目(木曜日)

臀部のドレーン、左側の一本が抜けた。
右は相変わらず。
一本残ってしまったので、退院はあさって以降と言われる。

身体を拭いた後、優肌絆(傷に沿って貼るテープ)の貼り方を教えてもらい
鏡を見ながら自分で貼ってみた。
これ、退院した後もしばらく貼らないといけない。
傷が長いから結構大変。

血流チェック一回。してもらえるだけありがたい感じに。
私の部屋に置かれていた色々な器具が、別の患者さんの部屋に運ばれていった。
いよいよほぼ完全な放置プレイ。

●術後9日目(金曜日)

朝SG先生、T先生来訪。
いよいよ最後の一本、右臀部のドレーンが抜けた。
これで次の日に退院できることになった。

ドレーンを抜いたところから浸出液が出ているので、
退院後も引き続き消毒や、シャワー時には防水するようにと指示。

薬の処方や、退院療養計画書、次回外来の予約、などなど着々と退院準備。

午後、病棟の端っこにある、眺めが良いと言うお風呂へ。
昼間の明るい時間に、窓から外が見えるお風呂の開放感は最高。
勝手に湯船にお湯を張り、久々につかる。
気持ちよかったー。
(ホントはドレーン抜去直後のため、シャワーのみOKだったらしい。
後々、何事もなくてよかった。)

お風呂の後は、優肌絆貼り。

夜乳腺チーム回診。
明日退院なので次回外来の予約は?という話になる。
7月の上旬と言われ、主治医Sセンセは夏休みでいないため、I先生にお願いすることに。
一応、最後なので、「ありがとう」とだけ書いたプチ手紙をSセンセにも渡す。
もらい渋るので「お金は入ってないよ、手紙だから」と言って受け取ってもらう。

ぞろぞろ乳腺チームが去ったあと、物凄い勢いでSセンセだけが再び登場。
「7月の外来の日は一週間延ばしましょう、病理の結果も上旬だと出てないかもしれないし、
僕いないので。」
・・・・・・手紙効果?

夕食後、空気を入れ替えて部屋の片付け。
余ったお菓子を看護師さんに押し付ける。

●術後10日目・退院(土曜日)

入院最短コースから遅れること3日。
いよいよ退院。

朝起床後、部屋の片付け。
お菓子なんかの残飯整理。
SG先生による胸とお尻の最終チェック。

私の一週間後に手術した方にご挨拶に行ったり。
おだやかな時間を過ごす。

12:00退院。
退院後、病院で買ったお弁当を食べてから、タクシーで帰宅。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。