FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統計に対する違和感
2010年06月15日 (火) | 編集 |
診察時に医師と話すとき、
「再発率」や「生存率」に触れられると
何か居心地の悪い不快感というか、違和感を感じていた。

「医師の中で、所詮私は統計の中のひとつの数字にすぎないのか」
「統計がどうであろうと、私にとって起こることが私にとってすべて(100%の出来事)だ」
具体的にはこんな風に思っていた。

この思いの根源はどこなのだろう? ずっと疑問に感じていた。

ある日、ツイッターでこのことをつぶやくと、反応があった。
twilogの5月23日、24日を参照)
その中で、上野先生からこんな風なご返答をいただいた。

要約
医療従事者が確率論を患者に話すのはとても難しいことで、コミュニケーション力が問われる。
話すときに患者がそのデータの由来を理解できる段階かどうか、性格的に受け入れられるかどうか見極める必要がある。
統計は患者と医療従事者が共に現実を共有するためのツールである。
統計を患者に上手に伝えられない医師たちは、EBM(*)が理解できないか、コミュニケーション術が欠けているかどちらかだ。

(*)Evidenced Based Medicineの略で「エビデンスに基づいた医療」

確かにコミュニケーション不足というのは大いにありうる。
医師とのコミュニケーションが上手く行っていれば、話した内容や、治療についての不安が軽減され、患者自身が納得して治療を受けられる第一歩となるように思える。

「医師の中で、所詮私は統計の中の数字のひとつにすぎないのか」
この違和感は、コミュニケーションによって解消できそうだと納得した。

しかし
「統計がどうであろうと、私にとって起こることが私にとってすべて(100%の出来事)だ」
こちらについては、コミュニケーションが取られても、EBMを遵守して患者の意思を尊重した医療が行われても、解決されるのだろうか?と思い、少々違和感が残ったままだった。

先日「知ることより考えること」池田晶子(新潮社、2006年)という本を読んだところ、その答えとなりそうな記述があった。

p.11~13「長命も短命も」
要約(一部引用)
人は平均寿命について話すとき「長い」とか「短い」とか主観的な感想を述べる。
しかし、平均寿命まで誰もが生きられると言う保証はないし、先のことはわからない。
すると平均寿命があくまでも「平均」、あくまで他人の場合ということがわかる。
「平均」すなわち統計をもって、自分の寿命と他人の寿命を外から比較できるように人は思うが、それは錯覚である。
長短は相対だが、生とは、比較不可能な絶対だからである。
生きているのが自分であるとは、死ぬのが自分であると言うことだ。
死がなければ生はなく、生がなければ死はない。
死とは、数十年後の平均寿命にあるのではなく、生きている今にこそある。
人生には長いも短いもありもしない、人生には今しかない、寿命なんて結果にすぎない。

「長短は相対だが、生とは、比較不可能な絶対」
このことばに全てが集約される。
再発率、生存率は「統計」、すなわち自分に必ず当てはまるかわからない「他人の場合」である。
生きている今の自分は誰にも比べることのできない、自分にとって絶対的な存在である。

「私にとって起こることが私にとってすべて」と思える根拠はここにありそうだ。
統計をもって「確からしい将来を模索」することはできるが、それが必ずしも起こりえない限りは錯覚にすぎないのだ。

しかし現実問題として、「今を生きる」ために統計を治療選択のツールとして用いることは重要だ。
数字がどうであれ、100%と0%がない限り、どちらに入るか絶対的なことは誰にもわからない。
「わが身に起こることがすべて」だが、恐がりそこに固執しては前に進めない。
ある程度割り切って俯瞰的に、客観的に物事を見る目も必要なのかもしれない。

医療従事者のコミュニケーション力や、EBMの理解力はあってほしいものだ。

一方、主体的に治療に関わるためには、
患者としてのコミュニケーション力を磨かなくてはならない。
治療を選択するとき、統計を見るときには、「他人の場合」に自分を当てはめ、割り切った選択をしなくてはならないこともある。

今を生きるために、自分の人生を簡単に人任せにしないためには、患者力の向上はやはり必須なようだ。

もっと早く気づけていたら、何か違ったのだろうか。
・・・・・・これも絶対はない。考えるだけ不毛だ。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。