スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳頭再建から2ヶ月
2010年08月23日 (月) | 編集 |
カテゴリ「乳頭乳輪再建」を「乳頭再建」と改めました。
乳頭しか再建してないもんねぇ。
健側の乳輪はいじったけど。

6月に手術して、7月中はほぼ毎週火曜日に通院。
様子を見てもらってました。

最初→乳頭に消毒の薬を塗り、その上からスポンジ
(乳頭の高さがつぶれないように、ファンデ用スポンジ1~2枚に穴をあけて、さらに上からもう1枚蓋をする)

という状態ですごしていましたが、

乳頭に植皮した「健側乳輪の皮膚」がうまく定着しなかったか?
それとも暑さで蒸れたせいか?(スポンジ重ね置きで通気性ゼロ)

いつまで経っても皮膚が落ち着かず、じくじくデロデロと脱皮が続いていました。

どうもその状態がやばかったらしく、雑菌に感染したのでは?という診断。
その後は、脱皮した部分を極力取り除き、スポンジではなくガーゼを当てるようにという指示。

薬も何回か変わりまして、
消毒薬A→消毒薬B→消毒薬B+皮膚再生を助ける薬
さらにテープかぶれのステロイド剤も。
使い切ってから変更になる訳ではないので、軟膏だらけ。

よく洗ってガーゼを当てるようにしてからは、だいぶ落ち着いてきました。
「傷にくっつきにくいガーゼ」というのを使ってからの回復は早かったです。
皮膚が8月くらいからくっつきはじめて、つい最近完全に定着した感じ。

8月は、先日受診して、次は10月になりました。
やっと元の通院ペースに戻りました。

形的には、乳頭は元々そんなに高さがない方なので、作った乳頭はほぼ平たい感じ。
この2ヶ月でみるみるへっこんでしまいました。
おそらくそういう見込みで作ってくれたのでしょう。
手術前に「(高さ保護の)スポンジは多分使わなくてイイ」って先生おっしゃってましたから。
色味的には、今回作った乳頭の部分だけ色が違うので、その内入れ墨の可能性はあるかも。

それから、健側ですが、乳輪の外側をドーナツ状に採皮したと思うんですけど
(デザインが手術前日の夜変更になり、鏡で確認しないまま手術したので、よくわからないが)
術後、健側乳輪が下側に楕円形に伸びてしまいました。
まぁ、しょうがないと思える範囲だからいいけど、ちょっと聞いてないよーって思いました。
(あとあと周囲の方々に聞くと、重さで伸びるとかそういうことがよくあるらしい)

健側の乳輪は滅多なことがない限り、いじらないほうがいいのかもねぇ。
なんとかならないのかしらねぇ。

しかし、乳輪を切り取ったついでに、吊り上げてもらったので、
乳輪はいまいちだけど、右胸の形は自分的にはサイコーです。
しかしこれも次第に下がってくると・・・これは先に言われてるから納得済み。

とりあえずひととおりの手術は終わったことになると思うので・・・

今後の目標は、「温泉の大浴場に行くこと」ですね。
お尻の傷が薄くなったら、チャレンジしたいなーと思ってます。

それからそろそろブラを買いたいのですが、再建後の下着選びというものが相当難しいです。
果たして合うものが見つけられるのか!?
現在某所に問い合わせをしているので、その経過も含めてまた後日報告できたらと思います。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。