スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再建。その後のブラ選び(2)
2011年10月14日 (金) | 編集 |
ここからは、私の個人的な体験談となります。

再建本手術、そして更に一年後の乳頭の手術が終わり、いよいよ「オーダーブラを作りたい!」という気分が高まっていました。
なにせ、ふつうに「サイズの合うブラ」を見つけることすら難しかった私なので(既製品のカップサイズがどうしても体に合わなかった)、
「オーダーなら絶対大丈夫に違いない」という妙な(勝手な)自信がありました。

ワコール「デューブルベ」のお店は全国にあります。
でも「再建にぴったりくるブラは、どこのお店で作れるの? 誰が見立ててくれるの? どんなもので、どうしたら手に入れられるの?」という疑問があり、ワコールのお客様センターへメールを送りました。
2010年の夏のことでした。

ほどなく届いた返事にはこんな内容のことが書いてあり、それはある意味私を喜ばせ、ある意味がっかりさせるものでもありました。
「再建後のブラは大学病院と連携して共同研究中で、専任の方がただ一人、岡山にいます。
お近くのお店ですぐオーダーを承ることは現状では無理だが、専任の方にメールでアドバイスを受けられてみてはいかがでしょうか?」


岡山はさすがに遠すぎて、すぐ行くことはできないな・・・と思いました。
すぐにもブラを作りたくてしょうがなかった私は、ちょっとそこで凹みそうになったのですが、このまま諦めることもできず、お客様センターの方がご親切に教えてくださった連絡先へアクセスを試みました。
「きっとこの悩みを分かってくださるはず!」と信じて、思いのたけを込めました。
ただでさえ酷暑と言われた夏なのに、とっても暑苦しいメールだったことと思います。

「とにかく再建後のブラについて情報がない」
「しっくり来るブラが見つからないので、できることならいつか必ずオーダーブラを作りたい」
「せっかく苦労して手に入れた胸なのに、このままではもったいない」

そんなことを実際書いたかどうか・・・記憶はあいまいですが、当時そういう気持ちでいたのは確かです。

その思いに答えてくださるように、すぐにお返事をくださった岡山のOさん。
一般企業の方なのに、これほどまでに「乳がんについて」「乳房再建について」、知識だけでなく気持ち的な面まで深く理解してくださっている方が、果たして他にいらっしゃるだろうか???・・・と、ものすごく感激しました。

そして2010年の秋、念願かなってついにブラを作っていただけることになりました。
Oさんが出張のついでに、わざわざ私の最寄りの店舗へ立ち寄ってくださったのです。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。