スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(6) 治療開始!
2009年10月22日 (木) | 編集 |

2009年3月某日


リンパの細胞診の結果を聞くために、再びオットと病院へ行きました。


診察室へ呼ばれると、いつものS先生ではなく部長のI先生でした。


まずリンパの細胞診の結果、組織は全て脂肪。

したがって、抗がん剤治療は術前には行わず、ホルモン療法を始めることに。


先生から、どういう病気で、どういう治療・手術が必要かという詳しい説明を図も交えてして頂く。

とても明快でわかりやすくて安心できた。


私の場合は針生検の病理結果は

「非浸潤がんがほとんどだが一部浸潤している」 という所見。

(乳管内にがん細胞が留まっているのが非浸潤がん、乳管の外まで侵されているのが浸潤がん)


浸潤がんだと聞いて 「がん保険おりるな~」 とのんきに思った。

非浸潤がんだと、「上皮内がん」といって診断給付金が小額になったり支払われないケースがある。

(もちろん保険は下りなかったとしても非浸潤がんの方が早期なので良いです)


乳管は枝分かれし、その外側に血管、リンパ管がある。

がん細胞は目に見えないものだから、どこに飛んでいるかはわからない。

浸潤がんがあると言うことは転移の可能性が0ではないため、全身療法が必要。


  局所療法・・・手術・放射線

  全身療法・・・抗がん剤・ホルモン治療


手術法としては、前回のS先生の説明と同様に「部分切除+部分再建」でいいでしょうという話。

がんの広がりの範囲が想定しづらく、意外と広いと思われるため、扇状部分切除という1/4程度の広範囲を切除する方法がとられるとのこと。

乳房の下側を大きく切除するため形が崩れやすく、整容性を考えると再建を併せることが望ましいという説明でした。


詳しい情報の冊子を戴き、手術の予約、再建外科への紹介の手紙を用意してくださる。

手術は早くても2~3ヶ月先。再建外科へは3月末に行くことになった。



ホルモン療法。

LH-RHアゴニスト(ゾラデックス)右矢印4週間に1回下腹部に打つ注射

 脳の下垂体に作用し卵巣でエストロゲン(女性ホルモン)を作ることを阻害

タモキシフェン(ノルバデックス)右矢印毎日内服

 がん細胞の女性ホルモン受容体をブロックし、がん細胞に栄養を与えないようにする役割をする


私の場合はこのふたつの薬による治療をすることになった。


そしていきなり 「今日やりますか? それとも次回に?」 という話に。

次回に来るのは面倒すぎる。

でもホルモン療法やるんだろうな~と思いながらも、いきなり今日なの? と心の準備ができていなかった。


なので、大らかなI先生をイラつかせる程質問してしまった汗

治療が嫌だったんじゃなくて、始まる前に聞いておきたかっただけなんですが・・・。


あれしちゃいけないとか考えないで、お酒だって飲んでいいし、ストレスをためないようにゆっくり休んで・・・もう治療始まるんだからそのことに安心した方がいい


そう言って頂けて覚悟が決まりました。


ゾラデックス、右腹の肉をつままれ、ばちこ~~~んドンッ と・・・

少々屈辱的でもあり、太い針が恐怖でもあり、注射の筒の中にバネ入ってるし、色んな意味で衝撃的な注射でした。


そうして長い診察が終わったのでした。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。