スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(5) 治療方針決定?
2009年10月22日 (木) | 編集 |

2009年3月某日


前回の診察で、家族を連れてきて欲しいと伝えられたため、一抹の不安を抱えながらも結局オットが来てくれることになった。


診察の前に採血に行って、その後CT(ヨード造影剤使用)検査

CTの造影剤は突然身体がごぉぉ~~っっメラメラと熱くなる感じがして、きっと普通の人は気持ち悪くなるんだろうけど、なぜだか私はだんだん面白くなってきてしまうのね~(^_^;)

熱さ自体は気が付くとすぐ消えているから、ほんの少しの間の出来事だし。

それよりむしろ、造影剤の点滴針を差すのが痛いのなんのって・・・。

抜いたあとも血が止まったと思い絆創膏を剥がしてしばらくしたら、針跡がめっちゃ盛り上がってものすごい青タン+再出血ダウン

大事な検査ですが、なかなか侮れないことよ・・・。



診察はなかなか呼ばれず、後回しにされる。

家族も一緒で色々説明しないといけないとなると、時間がかかりますからねぇ。


CTの結果は出ていて、遠隔転移(他の臓器への転移)はしていないらしかった。

ただしわきの下に1センチ大のリンパの白い影が写っているため、ここの細胞診をした結果で今後の方針を決めましょうということになった。


もしリンパに転移有りとわかれば右矢印術前抗がん剤

転移がなければ右矢印術前ホルモン療法


手術まで数ヶ月の待ち時間があるので、その間進行させないために何らかの治療をしようということだった。

がんの性質的には顔つきが良く、進行はゆっくり。そんなに暴れん坊ではなくておとなしくのんびりということで、まるで自分の性格を言われている気がしてしまったわ。

数ヶ月の間に大きくなる可能性は低く、逆にホルモン剤で縮小する可能性の方が高いらしい。


私の場合はホルモン剤が効きやすいタイプで、反対に抗がん剤が効きづらいことが多いのだそうだ。

ただ年齢的に若年性ということもあり、再発を避けるために今後抗がん剤を使う可能性は高い。

しかし抗がん剤治療をした場合、30代で2割前後の人に止めた生理が戻って来ず、閉経してしまうというデータがあるらしいとのこと。

そういった治療をすることも視野に入れてよく考えてみて欲しい、と先生から言われた。


今後妊娠を希望するのかどうか? それとも自身の命を優先するのかどうか?


閉経しなかったとしてもホルモン治療をしている5年の間は妊娠することができない。

5年後には40歳に手が届きそうな年齢になっている。

今後の人生設計における大きな課題を突きつけられた気がした。

私としては自身の命をないがしろにしてまでも妊娠は希望しない。

でもおいそれと、その望みを絶つのも気が引けるし周囲にも申し訳ないので、可能性は残しておきたい。

いいとこどりな気もするけど、治療が終わった時に元気な自分でいられれば、またその時に考えればいいんじゃないかな? という風に思った。


手術方法については 「部分切除+部分再建」 がいいだろう、というお話を頂いた。

選択肢は 「全摘」 「温存」 の二通り。

年齢を考えると(先生の気持ち的に)温存で残してあげたいが、下の部分の広範囲を切除しなくてはならないので、形の崩れは避けられない、と。

だから背中から脂肪を持ってきて形を整える方法が良さそうという提案だった。

そして乳頭については、分泌があることでがんの通り道になっている可能性が高いため、切除は免れないということだった。

乳頭を取ったら・・・

キューティーハニーじゃない!? なんか嫌かも・・・ガーン

はじめて聞いた「再建」ということばに、わからないながらも望みを託そうと思った。



オットの様子は・・・意外なことにとてもしっかりしていた様子だった。

先生が言葉を選びながら丁寧に説明してくれたし、オットも一緒に頑張ろうっていう気持ちでいてくれたのが良かった。

正直具体的な話を聞いて調子悪くなっちゃったらどうしよう、と思ったのだけど、きちんと最後まで聞いていてくれたことで私も安心できたし、ここまで良くなってくれたんだと感慨もひとしおだった。

それまでひとりでなんとかしなくちゃ、って無理やり頑張っていた私だけど、少し気持ちが楽になった。


治療方針は決まらなかったけど、オットの回復を感じられたことがとても嬉しく、意味のある1日となりましたラブラブ




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。