スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなちがってみんないい
2010年02月18日 (木) | 編集 |
わたしと小鳥とすずと(金子みすず)

わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんのうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。





読売新聞の夕刊に「乳がん 絵本で向き合う」という本田麻由美さんの書いた記事が出ていた。
記事はこちら→

この記事によると乳がんに罹患した人たちの中で、子育て世代は3割に及ぶという。
私と同世代くらいの患者さんなら、まだお子さんが小さくて、病気のことをどう伝えたらいいんだろう?って悩まれている人も多いのではないかなーと改めて想像する。

私にはこどもはいないから、お母さんたちの大変さは想像することしかできない。
辛さを想像する反面、単純にこどもがいてくれていいなぁ、うらやましいなぁって思いもある。
反対に逆の立場からしてみれば、フットワーク軽く遊び呆けている私をうらやましいと思うひとも・・・もしかしたらいるのかも?

病気になって、仕事とか恋愛とか結婚とか出産とか子育てとか、生き方すべてにさまざまな障害があることを感じてしまう瞬間。
ほんの小さな障害なのに、より大きいものだという思い込みの枷を自らしてしまうこともある。
治療方法ひとつを取っても、みんなそれぞれ違うことを知っているのに人と比べてしまう。そんなこともある。

人と比べてまわりをうらやんでも、なんのプラスにもならないのはわかっている。
しかし、それでも割り切ることができないというのも、人の性かもしれない。

「みんなちがって、みんないい。」
きれいごとかもしれないが、そう思える自分でありたい。


コメント
この記事へのコメント
no subject
先日は、わたしのブログにコメントをいただき、ありがとうございました。

kicoさんは、漢方薬も飲んでいるのですね。
効果、ありますか?

わたしの場合、がまんできるかなという範囲の副作用ですけど、快適な日常とは言い難いです。

ホルモン療法がこの先何年も続くなら、もっと先生に訴えて、心穏やかな毎日を過ごせるように対処してもらったほうがいいのかなと思うようになってきました。

治療方法も副作用も、それをどう感じるかもひとそれぞれなので、がまんしなくちゃと思わなくてもいいんじゃないかな~って。
2010/02/18(木) 22:19:24 | URL | breast-storoke #TpXtJbfw[ 編集]
breast-storokeさんへ
こちらこそありがとうございます!
コメント頂けて嬉しいです♪

ホルモン療法の副作用は、確かにがまんしようと思えばがまんできるのだけど、この地味な辛さが当分の間続くのかと思うと、がっくり来てしまいますよね~。
がまんするのは心にも体にも良くない感じがするから、先生に伝えるっていうのは私も賛成です^^

今飲んでいるのは、更年期障害に効くという漢方薬の中でも割とメジャーなもので、ホットフラッシュと気分の落ち込みに対して良く効いているみたいです。
味は正直まずいですけど、体質に合うものが見つかれば心強い味方になってくれるという点でオススメかな~と思ってます♪
2010/02/19(金) 20:22:57 | URL | kico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。