スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OncotypeDX検査について (3)
2010年02月27日 (土) | 編集 |
【追記】2012.8.10
私がOncotypeDX検査を受けたのは2009年です。
この記事の中で、現在におけるこの検査をとりまく状況や、変更点については加味されておりません。
詳細は医療機関等へのご確認をお願い致します。
あくまで当時の一体験談としてお読みいただければ幸いです。





注意:以下の記述には私の個人的な感想が含まれています!
各々のケースによっては違うこともあるかもしれません。
「こういうこともあるんだ~」くらいの軽い気持ちで読んでくださいね~。


(1)では、どのような患者さんに適応があって、何が分かるのかを。
(2)では、検査の概要について述べました。

(3)では検査結果についてご紹介していきたいと思います。
SRL社発行の「OncotypeDX検査結果報告書について」という冊子を元に進めさせていただきます。
(写真を掲載しますが、何かまずい点があれば削除します)

報告書は、リンパ節転移陰性の場合は3枚、陽性の場合は4枚です。
(ERが陽性で)リンパ節転移陰性の人は「Node negative」、リンパ節転移陽性の人は「Node Positive」のページを見ます。

一枚目には患者を識別する受付番号、生年月日、手術日、主治医、オーダーの受付日・報告日などが上のほうに書かれています。
(私の場合は、受付された3日後に報告が出ているようです。意外と早い!)

中央にある「Results」。ここに再発スコアが表示されます。
この再発スコアによって、低・中間・高リスクへ分類されます。
(各ページに表示されるグラフの横軸が再発スコアになり、縦軸が再発率となります。
グラフの自分のスコアの部分には印がついて見やすくなっています。)

1ページ目のグラフ。
リンパ節転移陰性の患者さんが5年間タモキシフェン治療をした場合の5年間の再発率。
page1


2ページ目のグラフ。
左側:リンパ節転移陰性の患者さんのタモキシフェン単独治療とタモキシフェン+化学療法(CMFまたはMF)をした場合の10年間の再発率。
右側:リンパ節転移陰性の患者さんの再発スコアと化学療法の効果の対比。
page2


3ページ目のグラフ。
(リンパ節転移陰性の場合にはこのページはありません)
リンパ節転移陽性の患者さんのタモキシフェン単独治療とタモキシフェン+化学療法(CAF-T)をした場合の5年間の再発率。
(リンパ節転移1~3個の場合と4個以上の場合に分けて表示)
page3


4ページ目。
(リンパ節転移陰性の場合は3ページ目)
ERスコア、PRスコア、HER2スコアを記載。
ERスコアが高いほどタモキシフェンの効果が期待できる。
page4


ところで、21種類の遺伝子の発現はどこに書いてあるの~?って思いませんか?
私は思いました。
そして探してみるとどこにも書いてありませんでした。
結局RSスコアとして総合的に再発の可能性が示されているだけで、詳しいところはブラックボックスのようです。

報告書はA5の紙がたったの4枚。(または3枚)
渡されて思ったのは

・・・これだけなのーーー!?

っていうのが正直な感想です(笑)
おおざっぱな計算で1枚約10万円の大事な報告書。
患者さんが自分でアメリカまで持って行けるオプションがついていたらいいのに・・・ってもちろん冗談ですが思うんです。
ふざけた患者です。ゴメンナサイ。


以上でこの検査にまつわることは書きつくしたように思うので、これでおしまいにします。
間違っている箇所があれば訂正しますので、ご指摘いただけると嬉しいです。

誠実に書いているつもりではありますが、所詮、匿名の患者の一体験談に過ぎないことをご了承ください。
不明な点の最終確認は医療機関へお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします^^

OncotypeDX検査について(1)~(3)
(おわり)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。