スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受診レポ・乳腺「リュープリンお試し」の巻
2010年04月04日 (日) | 編集 |
毎度ご無沙汰の更新となってしまいました。
書きたいことは山のようにあるのですが、溜まり過ぎて何から始めたらいいのやら。
とりあえず、一番書きやすいところから、先日の受診レポをお送りしたいと思います。

前回の乳腺の診察を受けたときに、ゾラデックスの注射跡の痛み&内出血が気になる~ってことで、リュープリンに変更しようかどうしようか?・・・という話が出たことを覚えておられるかたもいるはず。

とりあえず自分の中で、
「リュープリン試してみて、ダメならゾラデックスに戻してもらおう」
という答えが出たので、先生にお願いしてみました。
ありがたいことに私の提案に対して、いいですよ~とのお返事を頂き、とりあえず一回目は4週間ver.のリュープリンからお試しを開始することに。

リュープリンを注射。
下腹部の痛み・・・蚊に刺されてるくらいの感覚しかない!
ただし、薬を注入する都合上、注射針を刺している時間は長いようです。
針を抜いた跡、出血もほとんどありませんでした。
出血もなければ当然内出血することもなく。
あまりの快適さに、今までのアレは何だったの!?と思ってしまうほど^^;
(痛みなどの感じ方には個人差があると思うので、あくまで私個人の感想ですよ~)

それから、今回の診察で記念すべき?出来事が・・・

ついに「手術で切除した組織の写真」を見せて頂きました。

半年位前にお願いしてから、先生にはもう完全に忘れられていると思っていたし、私自身も忘れかけていたので、突然見せられた驚きは半端なかったです。
(でも先生には驚いてると思われてないカモ。診察室ではつい色々考えすぎてぼんやりしてしまうから、反応が薄い私。)
写真はホルマリン漬けにした後の状態なので、どんよりした土色でグロすぎなくて良かったですw
全体のカタマリの写真がA4サイズ一枚と、薄くスライスしたあとの断面の写真が何枚か。

写真を見ながらどのあたりにがん細胞が分布していたのか、など詳しく解説までして頂き、なんと贅沢な時間だったことでしょう~♪
最後には、先生セレクトの2枚を写メってきました。
失敗できないので、携帯を持つ手がブルブル。
しかし便利な手ぶれ補正機能のおかげで、ばっちり写っているはず。
ん~~満足っ!!

先生曰く、がん細胞はしこりがあった箇所を中心にしながら、さらにしこりのないところにまで小さいものが点在していたとのこと。
範囲的には左胸の1/3~1/2位でしょうか。
術前の部分切除と言われていた時の切除予定範囲より明らかに広いです。
全摘にしてやっぱり良かったんだな~と思いつつ。
また、こういうことがあるかもしれないから温存後の放射線は必須なのかな、とガイドライン(標準治療)の大切さを痛感してみたり。

先生はどうして今頃急に写真のことを思いだしたんだろう、なんて不審にも思いますがw、なによりとっても嬉しかったです。

それからついでに気になっていたことも聞いてみました。
術前と術後の病理結果を見比べると、術前のレポートにしかホルモン&HER2等の記載がないので、ずっと不思議に思ってたんです。
もしかして省略されているのかもしれないと思いつつ、質問の機会を伺っていました。
で、結果は・・・・・・・

じゃん! 術後は省略されてました!

これは一般的な事なのかどうかはわかりかねます。
先生の説明では原則、術前術後のどちらかには検査を行っているとのことでした。
私の場合、術後ではホルモン&HER2の検査は省略されたものの、オンコタイプDX(遺伝子検査)の結果が術前の検査結果と何ら矛盾していなかったので、それでよし!ということのようです。
私も「それでよし!」と納得していたので、今回確認できたことで安心できました。
(これもあくまで私個人のケースです。病理結果の書式等も病院によって異なる場合があります。気になった場合は必ず主治医へご確認くださいね^^)

なかなか実り多い一日で。
診察終わった後、徐々にテンションが上がってきました。
会計を待つころになると、先生にろくすっぽお礼を言えてなかった事に気づき・・・
万が一ココを見ないとも限らないので、あらためまして感謝の気持ちを述べたいと思います。

先生、忙しいのにいっぱいわがまま聞いてもらってしまってゴメンナサイ。
いつも感謝してますよ~。ありがとうございます!!!


コメント
この記事へのコメント
リュープリン、痛くなかったようで…よかったですね!^^
副作用のほうはいかがでしょうか?
気持ちが沈んだりする方も多いようなので。
酷い副作用が出ていないと良いのですが

術後の病理結果、女性ホルモンとHER2省略されていたんですね。
とすると、やはりそう珍しいことではないのでしょうね。
擬陽性じゃなければ、そんなに気にすることもないのでしょうし^^

そして、組織の写真、見せていただいたのだそうで!
いいですね~。私も自分の組織、見てみたいなぁ
2010/04/07(水) 18:46:50 | URL | nayami #T/baKjHk[ 編集]
nayamiさんへ

ありがとうございます!!
副作用はどうなんでしょうか・・・。
次の日がんばって一日がかりで出かけたはいいのですが、その次の日位から数日間だるくてですね。
出かけたからしんどいのか、リュープリンのせいでしんどいのかよくわからない状態になってしまいました(笑)
もう一回位同じのを試した方がよさそうですね^^

病理のホルモン・HER2省略も本当に聞かなければわからなかったことなので、思い切って質問してみてよかったです。
気になったことは聞いてみるべし、ですね。

組織の写真はもう自分の中で諦めてて、頼んだこと自体無かったことにしていたので、とっても驚きでした。
怖いもの見たさで、一度くらいは見てみたいですよね。
nayamiさんもいつかこの先、そういう機会に恵まれるといいですね~。
2010/04/08(木) 11:39:57 | URL | kico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。